前へ
次へ

速読の教育をしっかりと理解しておこう

勉強する時や読書をするときには、速読をしたがる人がいます。
速読とは、通常のスピードの何倍もの速さで文章を読むことを意味しています。
果たしてこれが役に立つかと言えば、はっきり言えば役に立つでしょう。
なぜなら、人の何倍もの速さで文章を理解することができるからです。
例えば入試のことを考えてみたらわかりますが、国語の問題を解くとき人の何倍もの速さで文章を読むことができれば時間的な優位性があるでしょう。
それ以外でも、読書をする時なども1冊に2時間から3時間をかけるのではなくわずか10分程度で読んでしまえば時間を有効に使うことが可能です。
ただ、速読といっても技術的なものが高ければ良いわけではありません。
速読の教育をする場合には、前提として知識が非常に大事です。
ある特定の分野の本を素早く読むことができる人は、技術的なものもある一方でその分野における知識が非常に豊富だから早く読むことができるといえます。
このように考えれば、速読の教育を受けてすぐに、うまくいかないと嘆くのではなく、とにかく数をこなすことが重要です。

Page Top